加齢性黄斑変性症の治療にはルテインが有効

加齢黄斑変性の予防や改善には、ルテインが有効です。ルテインの他、抗酸化力の高いアントシアニンも効果的です。加齢黄斑変性の原因に活性酸素が関係しているからです。

加齢黄斑変性の原因

加齢黄斑変性は、老化にともなって、網膜の中央にある「黄斑(おうはん)」という組織に異常が生じる病気のこと。

黄斑には、ものを見るために重要な役割を担う「視細胞」がたくさん集中しています。

そのため黄斑に障害が起きると、視野の中心部が歪んで見えたり、黒くぼやけて見えにくくなったり、視力が低下したりといった症状が起こります。

加齢黄斑変性の発症のメカニズムは、まだ詳しくわかっていない部分もありますが、「活性酸素」が影響を与えているようです。

活性酸素は、私たちが呼吸で取り込んだ酸素の一部が変化したもので、強い酸化力を持ち、体内の細菌やウイルスを撃退する役割を担っています。

しかし、活性酸素が増えすぎると、正常な細胞まで酸化させてしまい、体の組織を錆びつかせて、病気を引き起こします。

加齢黄斑変性の場合も、黄斑に活性酸素が増えることが原因として考えられます。

そこで、酸化を抑える「抗酸化作用」を持った成分を摂取することで、加齢黄斑変性の予防ができるのではないかと考えられます。

加齢黄斑変性に有効と思われる成分

ルテイン

ルテインは、動植物が持つ天然色素の「カロテノイド」のひとつで、黄斑にも存在する黄色の色素成分です。

ルテインは抗酸化力が高く、目に入ってきたブルーライトや紫外線などの有害な光を吸収する働きがあります。

これらの光線がなぜ悪いかというと、活性酸素を発生させるからです。

ルテインを摂取することによって、活性酸素による害を軽減することができると考えられます。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンもカロテノイドのひとつで、橙色から黄色の色素成分です。ルテインと同様に、強い抗酸化力があり、黄斑にも存在しています。

ビタミンA、C、E

ビタミンA、C、Eには、どれも強い抗酸化力があり、活性酸素の害から目を守ってくれます。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは、青魚に含まれる「DHA」や「EPA」、エゴマなどの植物油に含まれている「α-リノレン酸」などの脂肪酸のことです。

血液中の余分な脂質を減らし、血流をよくする働きがあります。

網膜は、眼で捉えた視覚情報を処理するために、周辺組織の毛細血管から供給された酸素や栄養が必要です。

毛細血管の血流が良ければ、網膜の健康が維持され、加齢黄斑変性の予防に役立つと考えられます。

亜鉛

私たちの体には、もともと「SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)」という細胞内の活性酸素を分解する酵素が存在しています。

「亜鉛」は、このSODの材料になる成分です。

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症は、50歳以上の人のうち100人に1人程度の割合で発症する疾患で、米国では失明原因の第1位、日本でも第4位の病気です。

最近では若い世代の患者も増えているようです。

加齢黄斑変性症に対し、マリーゴールド由来のルテイン(カロテノイド成分)が予防に有用であることが知られていますが、未だその効果の詳しい作用メカニズムは明確にはわかっていません。

わかさ生活のマウス実験の結果によると、動物(マウス)の目に強い光ダメージを与えた後、動物にルテインを投与すると、通常より早く網膜のダメージや網膜色素上皮細胞の形態異常が回復したことが確認されています。

ルテイン摂取により体内の抗酸化酵素のはたらきが活性化され、活性酸素や炎症を抑えることで網膜を回復に向かわせた可能性があると結論づけています。

加齢黄斑変性症の原因

加齢黄斑変性症は、眼の網膜や黄斑部に老廃物が蓄積することが原因の1つと考えられています。

この老廃物は、強い光や長時間にわたる光を目の視細胞(光を感知する細胞)が受けることで蓄積します。

現代社会では、パソコンやスマートフォンなどの電子機器の普及により、画面から発せられるブルーライトなどの光に目が曝されることが多くなっています。

目が有害な光線に曝され続けると、網膜や黄斑部で活性酸素が発生して、視細胞を劣化させたり、網膜色素上皮細胞の機能低下が起こったり、目に悪影響を与えます。

その結果、老廃物が蓄積され、加齢黄斑変性症を引き起こすと考えられています。

「ルテイン」はカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜にも多く含まれる成分です。

元々、目の黄斑部などに多く存在しています。

しかしルテインは、加齢や現代の食生活の変化、偏食が原因で体内から減少します。

ルテインが減少することで、目のトラブルが起こりやすくなります。

ルテインを継続的に摂取するにはサプリメントが便利で、コスト的にもお得です。

ルテインサプリメントの原料としては、主に食用のマリーゴールドが使われています。

ルテインは、米国での大規模ヒト臨床試験AREDS2により、加齢黄斑変性症の進行抑制に有効であることが報告されています。